プロ野球 男道!

日本プロ野球界に生息する『おとこまえ』を発掘し、賞味するBlogです。
また、男を下げた選手を容赦なくムチ打つBlogでもあります。
上原ふたたび
ふたたび上原です。もう、この話題には辟易しているのですが、だからと言ってムチを打つ手を止める訳にはいきません。趣味とはいえ、わたくしも道を極めるためでございます……。
1月25日付けで更新されている彼の公式サイトを見ますと、次のようなことが書かれておりました。

「特に多かったのは「逆指名で入ったのにメジャーに行きたがるのはおかしい」という批判でした。この考えに対し、真っ先に思うのは「なぜ?」という疑問です。簡単に言うなら、現状に満足せず、少しでも上を目指していたいという気持ちを持っているから、メジャー行きをお願いしているのです。」

逆指名で巨人入りしたからメジャーに行きたがるのはおかしい、などという意見が本当にあったのでしょうか。逆指名で巨人入りしたのに“FA権取得を待たずして”メジャー行きを認めろと言う主張がおかしい、という意見ならよく見かけますが。少しでも上を、とおっしゃいますが、もはや日本プロ野球界には少しの上もないというのでしょうか。それはあまりにも傲慢な物言いです。

「ポスティングを訴えることはルール違反ではないし、僕が入団した時には、ポスティング制度さえありませんでした。入団するときの契約で「○○年後にポスティングで行かせてくれる」という契約ができるなら、話は違っていました。」

ポスティングを訴えることは確かにルール違反ではございませんし、彼の入団当時にはポスティング制度さえなかったのも事実でしょう。だからこそ、FA権取得までメジャー行きはできないと覚悟を決めていたはずです。

「オファーしてくれた球団の中には、確かにメジャーの球団もありました。しかし、当時の僕は、メジャーで活躍する100%の自信がありませんでした。でも、今ならあります。だからお願いしているのです。「そんなの虫がよすぎる」とか「わがままだ」と思う人もいるでしょう。だから前回の野球日記でも「応援してくれ」とは、一言も言わなかったし、わがままを言っているという自覚もあります。」

わたくし、この件を読んでおりませて目が痛くなりました。はあ? ドラフト指名がかかる選手がすぐにメジャーで活躍することなど、誰も期待しておりません。その前にルーキーリーグが待っております。メジャーに疎いわたくしでもそれくらいの知識はございます。その上にA、AA、AAAがあり、最高峰としてメジャーリーグが君臨するのが、アメリカのベースボールの構図です。もし、上原が上のようなことを本気で言っているのだとしたら、巨人をアメリカのルーキーリーグ以下と看做しているようなものです。
それに、「わがままなのはわかっている、だから応援してくれなんて言っていない」とは、おとこの、否、おとなの言動と言えるでしょうか。

ちなみに無事メジャー(アスレチックス)入りを果たした藪【阪神】の公式サイト(現在閉鎖)からの引用です。

「多くの野球少年が憧れる縦縞のユニフォームに袖を通して11年、悔いがまったく残らないといえば嘘になりますが、タイガースの一員として野球人生を歩んでこれたことには誇りを持っています。けれど、私の野球人生はまだ終わりではありません。今は社会人からプロの世界へ飛び込んだ時と同じで、ドラフトを直前に控えた新人のような心境です。」(2004年10月14日にメッセージより)

「『なぜ、タイガースではだめなのか?メジャーでなければいけないのか?』と思う方もいると思います。でも、私の中ではメジャーでなければいけないのではなく、メジャーがあるから行きたいと言った方が正しいかもしれません。高校から大学、大学から社会人、社会人からプロへというように、先へ先へと歩んできました。それと同じように、日本のプロ野球の先にメジャーがあるというのが今の私の思いです。子供の頃から強く憧れていたメジャーではなく、私の野球人生の延長戦上にメジャーがあったのです。だからタイガースがだめだという理由も少しもありません。」(同年10月27日のメッセージより)

少しでも上を目指すという点では二人とも同じですが、藪はFA権を正式に取得しており、しかも年齢が今年で37歳という、日本では高齢と言われる年齢になっている違いがあります。彼の中ではおそらく、社会人からプロ入りした頃のような感覚なのでしょう。社会人野球に残る選手もいれば、プロ入りする機会に恵まれる選手もいる。日本プロ野球界に残る選手もいれば、メジャー入りの機会に恵まれる選手もいる。彼は常に後者だったのです。
1月23日に放映された「週刊トラトラタイガース」で、「なぜこの年になってメジャーを目指そうと思ったの?」という川藤氏の問いに「この年だから挑戦しようと思った」と答えていました。「どういうこと?」というさらなる問いに
「だって、メジャーに行くとこれくらいの年齢の選手なんてごろごろいるでしょう」
と笑いながら答えていました。わたくしは清々しささえ感じました。穿った見方をすれば、井川へのあてつけ? とも思えるのですが、藪にそのような意図があろうはずはございません。藪に乾杯、です。

昨年のストライキ騒ぎの際にはファンをダシに使い、この期に及んでファンを「賛同者」と「批判者」に二分する。そのようなやり方がおとこまえであるはずがございません。
| 鳴尾浜小町 | 讀賣ジャイアンツ | 00:06 | comments(7) | trackbacks(1) |

コメント
もう本当にその通りです!
甘ったれるな!と言いたいです。
鳴尾浜小町さんの「おとこまえ論」本当に楽しいし、賛同できるところも多く、最近のお気に入りです。やっぱり本当に思っていることを書いた文章は読み手の心に届きます。そんな時に私のブログにコメントをいただいてとても嬉しく思っています。
今後も楽しみにしております!
| torao | 2005/01/29 8:37 AM |
toraoさま、コメントをありがとう存じます。
ブログ初心者のわたくしが、タイガースブログ界の雲の上の存在でいらっしゃるtoraoさまにコメントをいただき、あまつさえお褒めいただけるとは本当に光栄でございます。
正直なところ、「おとこまえ」をキーワードに展開しているだけに気恥ずかしいような、面映いような思いです(赤面)。ただ、なかなかおとこまえが現れず、このブログも文句ばかりの殺伐としたものになっておりますが…。

今後もおとこまえ発掘にますます精進してまいります!
| 鳴尾浜小町 | 2005/01/29 12:07 PM |
コメントのコメントのコメントをしそびれましたので直接に訪問させていただきました。今回の井川騒動は、ちょうど球界の改革が叫ばれている折りにもかかわらず、内部からあまりにも無知で無恥な言動が飛び出して驚くやら落胆するやら歯がゆいやらで、口惜しい思いをしました。(継続中ですが…)

藪の番組は私も見ました。川藤の「お前がそこまで思ってて、ワシが反対できるワケなかろう」といった文脈が≪すべて≫であるように思いました。現在の井川や上原は川藤氏のセリフを引き出すだけの資格がないということですし、反面、彼らはそういった日本野球界の風土に反感を覚えてもいるのでしょう。けれども、どこの世界でもそうですが、一流の人間はその職場を、業界を、世界を、背負います。また背負おうとします。帰属意識は攻撃されるべき旧態然とした意識ではなく、人として当然に内蔵された改革の原動力だと私は思っています。彼らは自分の所属チームすら背負うことができないわけで、とてもエースではありません。(藪は暗黒時代のエースでしたね…)

日本の球団はもっと≪契約≫を徹底するべきで、契約しない選手はそれまでです。自費であるとはいえキャンプに参加できることも異常です。彼らが彼らなりに誤解している彼らの大好きなMLBではそんな甘いことは許されないでしょうね。

あまり大上段に構えるのは好きではありませんが、権利を主張する前に(プロ野球選手としてのファンに対する)義務はどうなったのか、と思います。しかもポスティングは選手側の権利ですらありません。球団側が正当に球団の権利を主張するのに弱腰だったことも不満でした。今回の騒動には選手側に≪理≫がありません。≪分≫もないと言いたいところ、そうでもないのか、泥沼を演出してしまった球団側にも相応の責任はあるわけで、理のないところには分もないと、はっきり示すべきだったと思います。もちろん、あと2日以内に井川が謝罪会見をして通常の契約を結ぶことは願っているのですが…。
| BSミツルH | 2005/01/29 6:39 PM |
BSミツルHさま、わざわざお越しいただいて恐れ入ります。

わたくしが気になりますのは、「一流選手たちがこぞってメジャーに行きたがるのは日本プロ野球界が面白くないからだ」という意見です。これは主に外部の、わたくしたちファンの間から聞かれる言葉なのですが、そんなわけはございません。いくらなんでも選手に対して失礼というものです。プロ野球界は球団だけが作り上げたもので選手たちはお客さま、なわけがございませんもの。
選手は球界の一翼を担う存在です。それを面白くないからといってメジャーに逃げていたのでは自分で自分の首を絞めるようなものです。

もし仮に井川や上原がそのように思っていたとしたら、それこそ由々しき問題ですね。

BSミツルHさまがご指摘の契約や義務と権利について、わたくしも思うところがございます。いずれまとめてここに書かせていただこうと考えております。その際にまたコメントをいただけたら幸いです。
| 鳴尾浜小町 | 2005/01/29 9:07 PM |
うーん、上原選手の場合はなにやら巨人とのトラブルがあったんじゃないかなぁ。毎年契約時にもめてる印象がありますよね。不満が募ってるんでしょうね。
とりあえず井川や上原に「バッテリー」を読んで欲しいですわ。
| kamu | 2005/01/30 1:08 AM |
kamuさま、ようこそいらっしゃいました。「オマリーおろし」の節はどうも……(笑)。
そうですか、球団とのトラブルですか……。しかしながら上原の今回の立ち回り方を見ておりますと、たとえ他球団にいたとしてもトラブルが発生してしまうことでしょう。いえ、巨人と言う球団でエースを張っていたからこそのトラブルかもしれませんね。
いずれにせよメジャーに行きたいのであれば、その前に日本できつーい挫折を味わっておいた方がよいと思います。
| 鳴尾浜小町 | 2005/01/30 10:05 AM |
セイコー seiko
セイコー 腕時計
セイコー 電波腕時計
セイコー 腕時計 カタログ|seikoworld-watch.com


2012日本人気時計専門店
●セイコー seiko
●セイコー 腕時計
●セイコー 電波腕時計
●セイコー 腕時計 カタログ|seikoworld-watch.com
高品質の追求、品質保証、超N品を良心価格で提供します!
S/SS品質 シリアル付きも有り付属品完備!
全物品運賃無料
不良品物情況、無償で交換します.
注:個数無制限,数量は多,割引は多
●在庫情報随時更新!(*^-^*)
店長:未来 美惠

■連絡先:http://www.seikoworld-watch.com
お友達の店:http://www.watch-seiko-japan.com
営業時間:年中無休
| セイコー 電波腕時計 | 2012/08/04 4:38 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naruohama.tblog.jp/trackback/9734
トラックバック
Don稚 Diet - Lose Weight
Don稚 Diet - Lose Weight
| | 2006/11/18 3:39 PM |

SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
My Linklist

人気blogランキングへ
↑よろしければクリックしてくださいまし

baseball_fan
↑生息しております。
PROFILE
こちらもご覧くださいまし
OTHERS