プロ野球 男道!

日本プロ野球界に生息する『おとこまえ』を発掘し、賞味するBlogです。
また、男を下げた選手を容赦なくムチ打つBlogでもあります。
わたくしが川藤幸三を愛する理由
ミスタータイガースとは誰か? おそらく多くの方が「掛布雅之氏」と答えるでしょう。もちろんそれ以前には藤村富美男、村山実、田淵幸一という名前が並ぶのでありましょうが、わたくしなら先の質問にこう答えるでしょう。
「ミスタータイガースとは川藤幸三氏である」と。

ではミスタータイガースとはどのような選手でありましょうか? 一般的な解釈ではおそらく、強くチームを引っ張る力を持つ選手でしょう。故藤村・田淵・掛布三氏は豪快なホームランバッター、故村山氏は0.98という驚異の防御率を残した名投手でございました。それらと比べて十分見劣りする(……)川藤氏がなぜわたくしにとって「ミスタータイガース」なのか。
告白いたしますとわたくし、実は子供の頃はアンチ巨人・アンチ阪神で、それは多分に父親のトラキチぶりに起因するのですが、いくら掛布氏の下敷きを使っていようと、タイガースの野球帽をかぶって学校に行っていようと心の中では阪神なんぞ大嫌いだったのです。したがって、今となっては往年のタイガースの選手については後になって伝え聞く話でしか存じ上げないのです。(ちなみに父の影響で、当時のわたくしにとって阪神を代表する選手は田淵幸一氏でした。)

当然、川藤氏の華麗なる現役時代の数々の伝説を直接知っているわけでもございません。ですが、引退後メディアに頻出(?)するようになってからの彼の言動は、わたくしの目を引くに十分な魅力を持っておりました。
川藤氏に対する一般的な評価は

・精神論ばかり
・たいした活躍をした選手だったわけでもないのに解説がえらそうだ
・何を言っているのかよくわからないことがある

といったところでしょうか。あくまでわたくしが感じるところ、ではございますが。もちろん高く評価する声もございましょうが、「川藤」という言葉が嘲笑まじりに話されることが少なくないと感じます。
玉木正之の著書『タイガースへの鎮魂歌(レクイエム)』にこんな一節がございます。

「ほんま川藤いうんはええ男やで」
「あれは一番(いっちゃん)タイガース的な男や」
「一打逆転サヨナラいう場面で三振しても怒る気になれんもんな」
「三振しよったほうが絵になるくらいや」
「甲子園の客も皆それを薄々期待しとる」
「なんせ浪花の春団治やから」
(猛虎「替え球」大作戦 冒頭より)


わたくしの知り得ない、現役時代の川藤氏を端的に表現するならこのような感じなのでしょうね。また、

……二死満塁で三球三振しても、「今度打ちゃええんやろ」という表情で胸を張っていた川藤幸三的なノリ……
(タイガースよ、永遠に…… より)


少なくとも今のタイガースにこのような選手は見当たりません。わたくしの父が「ダメトラや」と言いながら、TVの前で夢中になって見ていた頃のタイガースのイメージはちょうどこのような感じでした。幼かったわたくしは「そんなにあかんたれな球団、応援せなんだらええのに」と思ったものでございます。しかし、あかんたれだから、弱いから応援するのですよね。そしてタイガースというチームも「今度勝ちゃええんやろ」的な態度であると、父の言動から感じておりました。
だからこそ、わたくしは川藤氏が「一番(いっちゃん)タイガース的」な「ミスタータイガース」だと思うのでありましょう。

さて、川藤氏を巡る評価ですが、解説では精神論ばかり言って実際的なことを言わないというのは果たしてマイナス評価と言えるでしょうか。確かに「努力と根性」、ついでに「横文字ばっかり使わんと」は彼のキーワードです。しかし、スマートな近代野球に足りないものこそが「精神論」なのではないでしょうか。
もちろんかつてのように、例えば投手なら中2日、3日はざらで1シーズン30勝も可能なほどの過酷なローテーションで働かされていた根性の時代が理想というわけではありません。現在の、中6日程度のゆったりとしたローテーションで、選手生命を永らえさせるやり方の方がよほど理にかなっています。ですが、それにともなって選手に甘えが見え隠れするのをファンは見逃してはいないと思うのです。そしてそれが高騰する年俸に対する反感へとつながっているという推理は強引すぎるでしょうか?
川藤氏はよく「思いっきりやったらええんや!」というようなことをおっしゃいます。一見投げやりなコメントに見えますが、その本当に意味するところは「思いっきりやったら必ず壁にぶつかる。その壁を乗り越えてこそ、一流の選手にもなれるちゅうもんや」だと、わたくしは理解するのです。

では、自分の現役時代のことを差し置いてえらそうな解説をする、というのはどうなのでしょう。本当にたいした選手ではなかったのでしょうか?

川藤幸三(かわとう こうぞう)
1949年7月5日福井県生まれ
1968年、若狭高校からドラフト9位で内野手として阪神タイガースに入団
1973年、外野手に転向
1978〜81年まで、代打専門であるにもかかわらず打率3割をキープ
1983年、引退勧告を受けるも、「年俸はいくらでもいいから、もう1年野球をさせてくれ」と、勧告を撤回させ推定年俸600万円でプレーすることに。このころから「浪花の春団治」と呼ばれるようになる。
1985年、阪神タイガース優勝、吉田監督に続いて胴上げされる
1986年、吉田監督の推薦で初のオールスター出場を果たす
この年引退、さらにこのシーズン自己最多の5本塁打を記録
伝説のプレーヤー内「お勧めコラム1(八木裕)」 他を参照)

彼はいわゆる「記憶に残る選手」だったのです。そしてなおかつ多くの支持を得、年俸の足しにとカンパすら集められたと言いますから、それだけでも名選手と言えるでしょう。わたくしにとっては、えらそうにし足りないくらいです。

何を言っているのか分からない、というのはほとんど言いがかりのように思われます。「川藤語」と揶揄されることもあるようですが、それは聞く側が聞く耳を持たないことが原因だと思います。
昨年まで阪神でプレーしていた藪は、公私に渡って川藤氏を慕っていたといいます。彼の背番号4は川藤氏の後を継いだものです。1月23日放送の「週刊トラトラタイガース」でお二人の対談が取り上げられていましたが、印象に残ったのが二人の間の信頼関係の深さです。信頼関係というのはお互いの理解の上に成り立つものですから、藪は川藤氏を、川藤氏は藪を理解しているということでしょう。藪に理解できてわれわれにできないとすれば、われわれ聞く側に問題があることは明らかです。
川藤氏はよく「横文字を使うな」と言いますが、「分からない」のはむしろ概念の多数を外来語で表そうとするわたくしたちなのかもしれません。

このたびは全力で川藤賛歌を綴ってまいりました。なにもそないにムキにならいでも…と思われるかもしれませんね。ですが実際、彼のおとこまえぶりにはクラクラしてしまうのです。
今後、川藤論は封印しようと思います。今後もし、彼のような選手が現れたらそのときに「昔川藤幸三という選手がいてね……」と思い切り語っていやがられようかと思っております。果たしてそのような機会が訪れるのでありましょうか?
| 鳴尾浜小町 | OB | 00:03 | comments(6) | trackbacks(16) |

コメント
選手がケガをします。故障をします。これはスポーツ科学という先端知の欠如だと思います。とは言え、科学が万能でもありません。科学は部分を扱うには得意でも全体を見通すには不完全です。それぞれの筋肉を効率的に鍛えることに成功してもそれらの連携が剛速球を生み出すことに成功しないなら、あるいは剛速球を投げたとたん故障する肩を作ってしまうくらいなら、ひたすらランニングする方がマシです。

科学の出自は自然哲学にあり、両者が相携えて発展すべきところ、後者が置き去りされた不全感が精神論への渇望を生みます。ところで私は精神論と精神主義は別モノだと考えています。

川藤世界には「情と意」があります。先端「知」は欠きますが人が全的であるはずもありません。この川藤世界の「精神論」(!)が選手たちの心の父として母として、進むべき道と勇気を与えてくれるものだと思います。それに対して内省のない思いこみの世界はつまるところ精神主義しか準備しないものと断定したい(笑)。

最後に選手・川藤幸三のプロフィールを少しだけ補足させて下さい。彼は「俊足(!)・好打」の選手として期待され、なんと盗塁も!!
(私の場合、トラトラタイガースを見るのは川藤氏を見るのと同義です。)
| BSミツルH | 2005/02/20 6:17 AM |
 逆に言うと、いま野球界で精神論を言う人がいなくなったということのような気がしてます。だから川藤さんの言動が、賛否両論交えながら注目されるんでしょうね。それに僕なんて技術論とか言われてもよぉーわからんしw

 あっ、でも「ときどきなにを言ってるのかわからなくなる」ってのは、きっと外国人選手と「会話」してるときでしょうね。あれはわかりませんわ(^_^;)

 あの精神論を受け継ぐ人は毎日放送の解説者、佐々木恭介さんしかいない、と僕は勝手に思っていますw
| kamu | 2005/02/20 7:40 AM |
そうそう、川藤といえば、島野、加藤ともども代走要員でしたよ。
トシをとってから味が出ましたよね。何で読んだか忘れましたが、晩年は負けたあとの移動バスでみんなを笑わせるのが仕事だったとか(笑)。
誰よりも、魂の奥底から阪神タイガースを愛していることを皆が知っているから、どんなにバカにしたって敬愛しているんだと思います。
| torao | 2005/02/20 9:55 AM |
BSミツルHさま、コメントをありがとうございます。

>科学は部分を扱うには得意でも全体を見通すには不完全です。それぞれの筋肉を効率的に鍛えることに成功してもそれらの連携が剛速球を生み出すことに成功しないなら、あるいは剛速球を投げたとたん故障する肩を作ってしまうくらいなら、ひたすらランニングする方がマシです。

野球に限らずスポーツとはいわゆる複雑系と親和性が高いですものね。また、政治や経済を科学を使って解き明かそうとして失敗したマルクス主義の例もございます。社会主義にもカワトイズムのエッセンスがあればよかったのでしょうね(笑)。

>川藤世界には「情と意」があります。先端「知」は欠きますが人が全的であるはずもありません。この川藤世界の「精神論」(!)が選手たちの心の父として母として、進むべき道と勇気を与えてくれるものだと思います。それに対して内省のない思いこみの世界はつまるところ精神主義しか準備しないものと断定したい(笑)。

うまいことおっしゃいます! まさにわたくしが言いたかったことです。BSミツルHさまはいつもわたくしの言葉足らずを補ってくださるので、当ブログでは欠かせないお人です(笑)。

>最後に選手・川藤幸三のプロフィールを少しだけ補足させて下さい。彼は「俊足(!)・好打」の選手として期待され、なんと盗塁も!!

補足いただき、ありがとう存じます。またいろいろ教えてくださいまし。
| 鳴尾浜小町 | 2005/02/20 11:01 PM |
kamuさま、こんばんは。

>逆に言うと、いま野球界で精神論を言う人がいなくなったということのような気がしてます。だから川藤さんの言動が、賛否両論交えながら注目されるんでしょうね。それに僕なんて技術論とか言われてもよぉーわからんしw

精神論が言われなくなった理由が、今の時代それが必要ないからではなくて言えば嫌われるから、というのであれば悲しいことです。いつからか年配者が若輩者におもねるようになってきた世相の現れと申しますか……。
技術論についてはわたくしもさっぱりです(笑)。

>あの精神論を受け継ぐ人は毎日放送の解説者、佐々木恭介さんしかいない

よっしゃー! あのとき福留が近鉄に入団していたら……(涙)。
| 鳴尾浜小町 | 2005/02/20 11:10 PM |
toraoさま、お世話になります。

>何で読んだか忘れましたが、晩年は負けたあとの移動バスでみんなを笑わせるのが仕事だったとか(笑)。

それにしては年俸が……安すぎますね(笑)。

>誰よりも、魂の奥底から阪神タイガースを愛していることを皆が知っているから、どんなにバカにしたって敬愛しているんだと思います。

阪神ファンの方が川藤氏を笑うのは愛情を感じるのですが、そうでない人の言葉にはやはり険がございます。そのような人に是非彼の魅力を分かっていただきたいものです。
| 鳴尾浜小町 | 2005/02/20 11:16 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://naruohama.tblog.jp/trackback/12281
トラックバック
これは本物
  紅白戦観戦記   いや〜、すごかったですね〜。 鳥谷君。 安藤が投じたインコース低めのストレート。 普通あのコースを打っても右に切れます。 いい当りをしてもファールにしかなりません。 それがバットが内から出ているのと体の回転がスムーズで、バット
| ガンバレ 阪神タイガース 2005 | 2005/02/20 10:51 AM |
川藤幸三の長嶋茂雄的解説。
選手が現役を引退して間もない頃の解説は、とてもおもしろい。 たぶん、まだ身体がグランドにあるのだと思う。 別な意味で、広岡達朗と長嶋茂雄が初めてテレビ解説者で登場したときも、 非常にインパクトがあった。 さて川藤幸三である。 ある時、アナウンサー
| 長嶋茂雄からイチローへの伝言。 | 2005/02/22 7:33 PM |
東京六大学野球第6週 早大と慶應先勝…(*´Д`)=з
東京六大学野球への熱き想いを語る“べろちゃん”のブログです!“親子で東京六大学に入り神宮で校歌を歌う!”受験は来年2月…(^^♪ 夢は現実となるか?皆様の訪問に大感謝↓ポチッとお願いします東京六大学野球第6週1日目の結果です!(画像は...
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/05/20 7:51 PM |
早大野球部はしか予防接種…佑ちゃんセーフ、免疫あり!
東京六大学野球への熱き想いを語る“べろちゃん”のブログです!“親子で東京六大学に入り神宮で校歌を歌う!”(^^♪息子の受験は来年2月!夢は現実となるか?皆様の訪問に大感謝↓ポチッとお願いします相変わらず”はしか問題”がまだまだ続いています...
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/05/23 5:53 AM |
佑ちゃんは優勝をかけ早慶戦1回戦先発&息子は東大をかけ全国駿台模試…
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/05/31 3:35 AM |
ハンカチ王子登板予定で、徹夜行列!早慶戦チケット1時間で完売!
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/01 6:58 AM |
ハンカチ(ハンケチ)王子 斉藤祐樹 (裕樹 佑樹) 早稲田優勝
<東京6大学:早大9−5慶大>◇第8週2日目◇3日◇神宮ハンカチ(ハンケチ)王子こと 斎藤佑樹(裕樹 祐樹)投手(18)の活躍で早大がリーグ優勝を決めた。神宮球場は1997年春の早慶戦第2戦以来、10年ぶりに満員の観衆3万6000人を記録だって・・・.
| 転職したくない窓際中年のリストラ対策 | 2007/06/04 6:25 PM |
東京六大学野球春季リーグ戦全日程終了!佑ちゃん、ベストナイン&我が息子は駿台全国模試終了…
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/06 2:33 AM |
佑ちゃんフィーバーの陰でひっそり新人戦&息子の受験、模試対策!
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/07 5:47 AM |
大学野球選手権 「打倒早大・打倒斎藤」出場チームが決意も新た
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/12 4:19 AM |
受験の極意 わたくしも知っていればなあ(^^;
東大生が語った 東大合格の【極意】 受験の最終兵器!!〜天下無双の合格法則〜 「大学受験1発合格の極意書」教育のプロフェッショナル、進学率100%の進...
| わたしのブログ | 2007/06/16 10:17 PM |
日米大学野球選手権選考合宿3日目 「斎藤は戦力」…河原井監督&Dr.コトーを観て涙。。。
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/25 7:30 AM |
日米大学野球選手権の日本代表決定!&星野富弘さんに感動!
東京六大学野球
| 東京六大学野球ブログ〜我が子の東京六大学への道〜 | 2007/06/27 4:59 AM |
イチロー MVP ランニング 本塁打 ☆ イチロー MLB 大活躍 ワールドシリーズ に 期待〜
イチロー  MVP   史上初ランニング本塁打! イチロー イチローがまた歴史をつくりましたね。球宴史上初のランニング本塁打。 イチロー 曰く、「実は...
| 安い!お得な ニコニコ 通販 | 2007/07/14 2:10 AM |
阪神タイガース|阪神タイガース応援グッズ
阪神タイガースががんばっていますね。今年は阪神タイガーズが優勝しますね。そこで阪神タイガース・グッズを集めてみました。
| 阪神タイガース|阪神タイガース応援グッズ | 2007/09/20 3:10 PM |
阪神タイガース|阪神タイガース優勝グッズ
阪神タイガースががんばっています。今年は阪神タイガーズが優勝しますね。阪神タイガースの優勝は何年ぶりでしたっけ?
| 阪神タイガース|阪神タイガース優勝グッズ | 2007/09/22 6:27 PM |

SELECTED ENTRIES
SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
My Linklist

人気blogランキングへ
↑よろしければクリックしてくださいまし

baseball_fan
↑生息しております。
PROFILE
こちらもご覧くださいまし
OTHERS